9/21無償&有料「原罪と自罰、その闇から請願へ」マオリ神話の女神と共に

皆様こんにちは、絢です。

9月16日からのニュージーランドでのライトワークに伴い、現地からお届けする3回のイベントのうち2つ目のご案内となります。

こちらは現地マオリの女神に対するライトワークの後に行う、私たちが無意識レベルで引き受けている原罪意識と自罰意識の解放と、それらの闇を超えて自らの請願へとより進んでいくための無償と有料のイベントになります。

よりわかりやすく、お受け取りしやすくするために、当初の予定からイベントタイトルを変更いたしました。

明らかにそこに理由や原因があると思い当たるところを超えたところから私たちが引き受けている、様々な闇から解放されるための機会となることを願っての開催です。

もっと解放されたい方、抱えたものを少しでも軽くしたい方、自己犠牲や自罰的なパターンをやめたい方、投影されやすい自覚のある方は必見です!

ぜひ以下のご案内をご覧になってくださいね。




9月21日開催 無償&有料イベント

「原罪と自罰、その闇から請願へ」

〜マオリ神話の女神と共に〜


9/21無償&有料「原罪と自罰、その闇から請願へ」マオリ神話の女神と共に_a0167003_18384070.jpg


ニュージーランド・マオリ神話の冥界の女神、あるいは夜と死の女神、ヒネ・ヌイ・テ・ポをご存知ですか。

彼女は森の神タネと、彼が地上で創造した最初の人間の女性であるヒネ・アフネオとの間の娘であり、最初の名前は「夜明けの女神」を意味するヒネ・ティタマでした。

ヒネ・ティタマは美しく成長すると、タネが自分の父親であることは知らないまま、タネの求めに応じて婚姻し、父であるタネとの間に数人の子供をなします。

けれどある日ふと自分の父親が誰であるかに疑問を抱いたヒネ・ティタマは、ついにタネに問いただすことで自分が彼の子供であることを知ってしまいます。

自分が夫であると思っていた男神が実は父親であり、あまつさえ子供までもうけてしまったというその恥辱と罪悪感で、彼女は一人光の地上世界テ・アオを去って暗闇の地下世界テ・ポへと隠棲することを選ぶのです。

地上を去ったその時に、彼女の名前は夜明けではなく闇を意味するヒネ・ヌイ・テ・ポとなりました。

何も知らなかった彼女がただ一人で近親相姦という罪を背負い、自分を罰するように自らの名前と存在のあり方を変えてしまうのです。


この後ヒネ・ヌイ・テ・ポが地上に残した子供たちの子孫であり、マオリ神話では有名な半神半人の英雄マオリが、人間から死というものを取り除こうとヒネ・ヌイ・テ・ポを滅ぼそうと企てたものの、逆に返り討ちにあい生命を落とすことで、人間には死が訪れるようになったという話がマオリ神話に残されています。

夜明けの女神であったはずのヒネ・ヌイ・テ・ポがマオリに死をもたらし、冥界だけでなく死もを司るとされるようになったのは、このことからです。


ヒネ・ヌイ・テ・ポの神話は、いくつかのことを私たちに暗示しています。

原始の人間には避けられなかったであろう近親相姦というものが、この時初めて人間に恥辱という感覚と原罪意識となって植え付けられたこと。

そして明確な意思を持って自分の娘を娶ったタネではなく、彼の娘であり妻であり、子供達にとっては母でもあるヒネ・ティタマだけがその恥辱であり悪である闇を一身に引き受けていること。

つまりマオリ神話では原罪は女性が全て引き受けるものであり、そこに女性蔑視と女性性への冒涜・抑圧があることは否定できません。



9/21無償&有料「原罪と自罰、その闇から請願へ」マオリ神話の女神と共に_a0167003_14535608.jpg



ただ、同時にヒネ・ヌイ・テ・ポに伝わる話からは、別の側面が窺い知れます。

地下世界であるテ・ポへ下ったヒネ・ヌイ・テ・ポは、ラロヘンガという死者の魂が住む世界へつながる道を作ります。そして、死者の魂をラロヘンガへと送り、魂の旅を後押しする役割を担うのです。

このラロヘンガは実は、暗闇の世界ではなく平和と光の世界であると伝えられています。それゆえに、ラロヘンガにいった魂は誰一人としてこの世界に戻っては来ないのだと。

それはヒネ・ヌイ・テ・ポが人間を死を与える女神ではなく、実は死者の魂を癒し、光の世界や次の転生へと進んでいくことを手伝う存在であることを意味しているのではないでしょうか。

つまり彼女は、自分自身は背負った原罪にふさわしい場所として暗闇の地下世界にいることを選びながらも、自らが生んだ子供たちの子孫である人間の魂を癒し光に導く、あるいは次の生へと後押しする、生命を司る女神であり菩薩でありシャーマンでもあるのではないかと私は思うのです。

闇を引き受けながら、癒しと光への旅路をもたらすもの。それがヒネ・ヌイ・テ・ポの真の姿であり、彼女の最初の名前である「夜明けの女神ヒネ・ティタマ」のその名の通りの在り方でもあります。

ヒネ・ヌイ・テ・ポという名は、ある意味原罪を背負った彼女のこの真の姿を隠すものでもあり、封印するものでもあるのではないかと私は考えています。

彼女の真名を隠すことで彼女の真の力を隠す。それは彼女自身が恥辱のために自ら願ったことでもあり、彼女が引き受けたシャドウでもあるのです。


けれど彼女が原罪を背負ったのもただそれを押し付けられたからではなく、彼女が自分の請願を果たすための過程として無意識にそれを望み受け入れ、結果として彼女は闇を経ながらも女神・菩薩・シャーマンとしての側面を持つ自身の請願達成へと進んでいきました。

今は彼女本来のその役割や力はまだ完全に発揮されてはいないかもしれませんが、少なくともそうなる願いを潜在的に彼女が持っているのだと思います。

また、彼女がただの犠牲者ではなく、表面的には犠牲を負いながらもそれを通して自分の請願を達成していく様は、私たちが人間として様々な苦しみを抱え引き受けながらも、それらを通して自分の請願へと進んでいく様子そのものでもあります。

そういう意味でも彼女はまさしく女神であると同時に人間でもあると言えるでしょう。


神話は、長く伝えられるうちにその概念や影響・エネルギーが集合無意識へと入っていき、今度はそこから国や文化を超えて私たち一人一人の意識と自我に影響を与えるものとなっていきます。

世界の神話自体が集合無意識に元々内在するいくつかの元型エネルギーから生み出されたものであり、だからこそ世界中にその文化を超えて似たような神話が存在しているのです。

そういう意味でも神話は決してただの物語ではなく、私たちに様々なものを教えるものであると同時に影響を与えるものでもあります。

ヒネ・ヌイ・テ・ポの神話は原罪、自罰、恥辱といった負の影響を私たちの集合無意識に与えていると同時に、そうしたものを引き受けるところから私たちがどのように自分の誓願へと向かっていくのかの指針も与えてくれるのではないでしょうか。


9月16日からのニュージーランドでのライトワークにおいて、御崎はこのヒネ・ヌイ・テ・ポという女神に対するワーク、及び彼女の神話やそのエネルギーが集合無意識に与えている影響へと働きかけ、私たちがこうした神話から受けている罪と罰に対する考え方や意識・影響から少しでも解放されることでより自らの請願へと進むためのライトワークを行ってまいります。

そしてこのライトワークを通して得たものを含めて、「原罪と自罰、その闇から請願へ」のワークを完成させます。

このワークを現地から初回特別価格と追加要素でご提供すると同時に、そうした解放へと進む・あるいはそうした解放を心から望めるようになるための準備となる無償ワークをご提供させていただきます。

無償ワークをお受けになった方は、今後この有料ワークをお受けいただく際、期間限定ではありますが初回のみ割引料金でお受けになることができますので、ぜひ無償ワークだけでもこの機会にお受け取りください。




9/21無償&有料「原罪と自罰、その闇から請願へ」マオリ神話の女神と共に_a0167003_14543260.jpg




●「原罪と自罰、その闇から請願へ」で期待できる効果●


・無意識下に持つ原罪意識の解放:自分が罪を背負わなければいけない存在である、あるいは生まれながらに罪の存在であるという無意識の思い込みから解放される。原罪や罪という概念、及び性悪説からの解放が起こり、私たちが生まれながらに祝福された愛と喜びの存在であることへの意識と無意識の変化を助ける。


・理由や根拠のない自己否定や卑下の解消:実際の経験に関わらず、無意識にあるいは意識的に自分を否定し卑下してしまう思考癖や、そこに自分を当てはめてしまうパターン、及び自分を否定せざるを得なくなるような相手や環境などを引き寄せるパターンの解消。


・恥辱の癒し:恥ずかしい・自分は恥ずべき存在であるという感覚と感情、それらの記憶やトラウマにまつわる癒し。


・前世とトラウマの癒し:罪の意識と自罰につながる前世と今生での経験によるトラウマの癒し。


・自分を幸せにすることへの抵抗の軽減と封印解除:原罪意識や自罰・恥辱の感情によって自分が幸せになること・自分を幸せにすることに対して無意識に持つ抵抗やブロックの軽減、及び幸せになることへの封印解除。


・無意識の自罰意識でできたネガティブなパターンや引き寄せの解消:無意識のうちに引き寄せている、自分だけが責められる苦しい状況や、自分だけに責任や自分以外の役割を押しつけられる状況、自分対多数の対立や攻撃をされる状況を引き寄せなくなる・そうした状況から解放される。


・罪と罰に関する投影及び投影パターンの解消:本来自分のものではないが、他の誰かや社会から投影された罪と罰に関する感情やエネルギーの解消や、そうした投影を受け入れてしまう無意識の許可の解消。罪を背負う、あるいは罰せられなければならないような人格が投影されている場合はそれも対象とする。


・自己犠牲からの解放:自罰の一環として無意識に選んでいる自己犠牲や、自分が犠牲になることで他者を救おうとしたり、目の前の問題を解消しようとする傾向を軽減・解消する


・請願覚醒及び達成のために選ぶ手段とパターンの変化:自分の請願の覚醒や達成のための手段として無意識に困難な状況を選び引き寄せているパターンを軽減させ、自分の喜びや幸せを請願への道標や達成手段に変える。


・シャドウの解放:その実際がなんであれ、その人が受け入れることができず抑圧し分離されているもの=シャドウの解放を進める。他者から投影されたシャドウも対象となる。シャドウが解放されることでよりありのままの自分を受け入れることができ、自己統合が起きる。


・歪んだ女性性の癒し:地上の概念で歪んだ女性性(女性は弱い・劣っている・汚れているなどの概念)からの解放と、妨げられている真の女性性(共感性・受け止め育む力・与える愛・創造性)の受容と覚醒を促進する。


・神秘的な素質・素養の覚醒:女性性に起因する一部の霊的能力、直感、目に見えないものを受け入れ感じとる霊的感受性などを高める


・罪と罰に関するある程度のカルマの解消



*上記効果は有料コースのものです。無償コースでは、こうした原罪と自罰、その闇から請願へと向かうための指針となるスピリチュアルガイダンスと、解放を望み受け入れそこに向かうための準備となる波動ワークをお送りいたします。


*上記効果はイベント開催前で判明している部分です。現地ライトワークやイベント開催によって他にも期待できる効果が判明した場合、後ほど追記します。




【イベント開催日時】*有料・無償同時開始です

日本時間 2023年9月21日(木)19時から

有料コース終了時刻 23時

無償コース終了時刻 21時

*完全遠隔でのイベント開催ですので、世界中どこからでもご参加いただけます。

*有料コースの方はワークに含まれるシャドウに対するワークの影響で、イベント開催中に少し体を動かしたくなったり、いつもはしない動作をしたくなる、あるいは無意識に動いているなどの現象が起こる可能性がございます。力を抜いて体に任せるままにお過ごしください。もちろん全く動かなくとも、眠ってしまっても問題ございません。



【参加条件】

有料コース:イベントが目指す効果を願う方であれば、どなたでもお申し込みいただけます。ご本人からのお申し込みと、二親等内親族への代理申請が可能です。


無償コース:ご自身の意思と責任で、イベントにご賛同いただけイベントが目指す効果に少しでも進みたい方であれば、どなたでもご参加いただけます。

年齢・性別は問いませんが、ご自身で検討しお申し込み手続きができる方のみを対象とさせていただきますので、代理申請はできません。

このイベントを受けてほしいと思う大切な方がいらっしゃる場合は、ぜひこのイベントをご紹介くださいませ。



【料金】

こちらのイベントでご提供するワークは今後13,200円〜を予定しております。完成後のワーク内容次第でこれより上がる可能性もございます。

今回はイベントとして特別価格でのご参加、または今後の特別割引が受けられる特典がございます。


有料コース:当イベント特別価格として、7,700円(税込)にてお受けいただけます。

また、ニュージーランドの大地・空・風・水らと共に、解放された夜明けと冥界両面を持つ女神としてのヒネ・ヌイ・テ・ポと御崎両名からの、闇を超えて誓願に進むための女神の祝福エネルギーをお送りいたします。

ワーク効果はもちろんのこと、ニュージーランド現地をエネルギーで感じたい方にもおすすめです。


*通話及び対面でのセッションなし、ワークのみご提供の完全遠隔形式となります。

*銀行振り込み・手数料加算のうえPaypal決済がお選びいただけます。



無償コース:完全無料です。当イベントにご参加いただくことにより、イベントから3ヶ月の間は1回限り8,800円(税込)にてイベントワークをお受けになれる予定です。今回のイベント開催次第によっては多少の金額変更があり得ますことをご了承くださいませ。




【イベントご参加方法】


有料コース:こちらの有料コース専用お申し込みフォームからお申し込みください。


*銀行振り込みご希望の方はお申し込み後に送られてくる自動返信メールをご覧になって、お手続きを進めてください。

ワーク開始までにご入金が必要ですので、銀行振込ご希望の方はお振込手続きにかかる時間を考慮の上お手続きをお願いいたします。

*Paypalの方はフォーム送信からそのまま決済画面に移行します。手続きがうまく完了できなかった場合、新たにお申し込みフォーム送信からやり直してください。



無償コース:こちらの無償コース専用お申し込みフォームからお申し込みください。


*こちらの無償イベントは、上記フォームのご送信をもって、ご参加受付完了とさせていただきます。

宣言やコメントだけではご参加はできませんので、ご注意くださいませ。

*お申し込みはご本人さまからのみお受付しており、代理申請はできません。

*ご本人さま以外からのお申し込みは全て無効となり、ワークはお送りいたしませんのでご了承くださいませ。




【お申し込み締め切り】

9月21日(木)18時55分




【無償イベントご参加に関してのご注意】

①当イベントの無償コースはご本人からの専用お申し込みフォーム送信でのみお受けしております。それ以外の方法や代理申請でのお受付は行なっておりません。

②こちらのイベントに含まれるワークは、開催期間中他の一斉ワークなどのヒーリングと併用されても効果としては差し支えありません。問題があるとすれば、どのワークによってどの変化につながったのかのご自身の認識が難しいことくらいです。

このワークの効果のみをしっかり感じていただきたい場合は、一斉ワーク期間中の他のワークの併用はお勧めしませんが、強制ではございません。

③イベント開始前でも、参加宣言後すぐから、何らかの変化や影響を感じられることがあります。

これは私の行う全てのワークに対して言えることですが、私の持つ女神的権限とシャーマンの特性により、お申し込みいただいているワーク以外の何かしらのワークや影響を無償でお送りする可能性が非常に高いです。そのためお申し込みをいただくだけでこちらからのサポートやヒーリングが届き始め、不調や状況が改善するといったお話をよくいただきます。

現在すでに何らかのお辛い状況にある方は、早目のお申し込みをお勧めいたします。

④お申し込みフォーム送信後、またはイベント期間中、イベント後、いずれのタイミングでも、ご自身の感情や肉体面でお辛い時には、「みさきあやさん、必要なヒーリングをお願いします」と心の中で伝えてください。高次元の私が365日24時間いつでも無償でできる範囲でお手伝いさせていただきます。

⑤当イベントでは、無償・有料に関わらず、一斉ワークに関するご質問・個人的な事柄に関わるご相談には有料のセッション以外ではご回答致しかねます。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。


by rebirth_aya | 2023-09-12 15:04 | 無料一斉ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングサロンリバース主宰、御崎絢(みさきあや))のブログです。 ヒーラー、セラピスト、スピリチュアルティーチャー、スーパーバイザーなど、様々な側面から癒しと成長、覚醒と自己顕現・自己実現のお手伝いをさせていただいております。 その方の愛と独自性を見出すのが、震えるほどに大好きです^^


by 御崎絢