淡路島・おのころ神社ライトワークご報告

皆様こんにちは、御崎絢です。
9月5日・6日と、淡路島と徳島・剣山にてライトワークを行なってきました。
こちらのページでは、淡路島の沼島、おのころ神社と上立神岩で行なったライトワークについて、ご報告をさせていただきます。

こちらに書いているライトワーク内容に関しては、私自身が自分で認識できるものは行ったことの一部にしか過ぎないのですが、特に地上以外の部分に行うライトワークは人間レベルでは全て認識できるものではないので、無理なく自分で認識できるレベルだけご報告をさせていただいいます。
写真や文字以外にエネルギーとして入れている情報からも、ご覧くださる皆様それぞれにお受け取りいただけると嬉しいです。

それではご報告、スタートです!



a0167003_15551641.jpg



8月4日には大型の台風が日本に直撃し、特に西日本の被害が大きく、被害に遭われた皆様の物心両面でのご回復を心からお祈り申し上げております。
私もこのライトワークのための5日朝の徳島までのフライトが危ぶまれましたが、当日は台風も過ぎ去り無事予定通りの飛行機で旅立つことが出来ました。

フライト中富士山近辺では、ちょうど雲が富士山を避けるように動いていて、綺麗に富士山が見えていました。
綺麗だなーと思っていると、突然富士と日本の各地をより深いレベルで繋げる地脈と龍脈に関するライトワークの依頼が入ったので、飛行機の中からライトワークをさせていただきました。

a0167003_19101004.jpg



徳島空港に到着した時点で、すでに暑いくらいの晴天。
レンタカーを借りて淡路島に向かいます。


a0167003_19101616.jpg


途中鳴門海峡を通って、海の存在と交流をとりながら、海と海底に関するワークをさせていただきました。



a0167003_15585073.jpg


汽船に乗って、いざ沼島へ。



a0167003_19102127.jpg


a0167003_19102538.jpg


沼島到着後は、船着場からすぐの場所にあった弁天様に、ご挨拶をさせていただきました。



a0167003_19131683.jpg


a0167003_19132358.jpg


島内を横断するように歩いて辿り着いたところに上立神岩がありました。
この矛先のような形をした上立神岩が、日本神話でイザナギとイザナミが最初に生んだ「おのころ島」の「天の御柱」であると言い伝えられています。
イザナギとイザナミは、地上に降り立ったあとこの天の御柱の周りを回って婚姻をしたとのことです。
岩のすぐ側は断崖絶壁で近寄れないようになっていたため、岩を望むような位置・人が近寄れるギリギリのところでワークをさせていただきました。


a0167003_19141887.jpg


a0167003_19144827.jpg


この場所と宇宙との神聖な繋がりをもう一度新たな形で繋ぎ直すと共に、地球との繋がりもより強く確かに再構築しました。
天と地の両方との繋がりと、その繋がりから生じる地上への影響力がこれまでよりももっとアセンションを促すしたものになるよう作り直し、隠と陽、光と影、そうした二極の統合から生まれる調和的エネルギーがこの地からもたらされるようなライトワークを行わせていただきました。




a0167003_19241322.jpg


船の時刻の関係で、島での滞在時間は限られていたため、急ぎ足で今度はおのころ神社へと向かいます。



a0167003_19242276.jpg


草の生い茂った山道をひたすら登った先に、おのころ神社はありました。



a0167003_19174245.jpg


イザナギとイザナミの像もあります。
時期的なものなのか、あまり手入れされているようには見えないのが残念でしたが、ここでさせていただけるライトワークに集中します。



a0167003_19174924.jpg


a0167003_19175308.jpg



a0167003_19234020.jpg




a0167003_19194237.jpg


実は6月に大阪で地震が起きた直後、その霊的原因の一つが淡路島にあると感じ、急遽淡路島にライトワークに来させていただいていました。
その時にイザナギと、イザナミの、地上でのカルマ解消のワークと封印解除をさせていただき、お二方が太陽神界に移行して本来のお力を発揮していくためのお手伝いをさせていただいたのですが、今回はイザナギ・イザナミの国生み・神生みに関する地上的側面における封印解除とカルマ解消と、神話の持つ元型エネルギーから集合無意識を通して受け取っていたネガティブなパターンの解消ワークをさせていただきました。
そうした一連のワークが日本人や世界の人々の創造的側面をより覚醒させる刺激となるよう繋げ、同じ目的達成を意図したライトワークグリッドを構築して地球にも貼らせていただきました。
また、この地の精霊達を癒すと共に、精霊達を統括していた存在ともお話させていただき、この地が本来持つ力の回復に協力していただけるようお願いをしました。
そうするうちに、イザナギ・イザナミのお二方から新たなお仕事を授かり、ありがたく受け取らせていただきました。




a0167003_19201200.jpg



本当に時間がなく、すごい勢いでお仕事をさせていただいたのですが、帰る頃にはこの場所のエネルギーも軽やかなものとなり、心なしか見た目にも明るい感じになっていたのでした。



a0167003_19251465.jpg



再び汽船に乗って淡路島へ。
写真は淡路島から見た沼島です。
沼島って、まるだ勾玉のような形をしているんですよ。

翌朝は早くから剣山に登る予定でしたので、来た道を引き返し、一路徳島つるぎ町へ。
宿の近くに「赤羽根エノキの木」という、相当古い樹木があることを事前に調べていたため、日没までになんとか辿り着こうと一気につるぎ町まで移動しました。



a0167003_19252201.jpg


事前のチャネリングではここが幽界か冥界や地底など、様々な異世界や次元と繋がる場所であることがわかっていたのですが、実際に訪れてみると本当にいろんな世界に繋がっている場所でした。




a0167003_19252678.jpg



繋がってはいるものの今まではそうした世界との行き来がそう活発でなかったようなのですが、アセンションの影響でそうした繋がりから実際に地上に様々な存在がこれるようになってしまっていたようですので、そうした存在達を導き、本来の世界に戻れるようガイダンスを行いながら、不要な行き来により迷う存在が生じないよう、ポータル的なワークをさせていただいました。



a0167003_19253143.jpg



日没ギリギリだったため、実際は写真よりもっと暗く、ほぼ周囲が見えないほどの暗さでした。




a0167003_19253533.jpg



撮ってたいただいた写真の中に、上記のようなちょっと不思議な…心霊写真的なものが一枚ありました。
時空の歪みが写っちゃったようですね。


この後もう一箇所、この木と対になっている大木のところでも時空・次元に関する宇宙的なワークをさせていただいたのですが、完全に日が沈んんで真っ暗だったため、木のところまではたどり着けず、車でいけるギリギリまで近寄ってのワークとなりました。

この日のお仕事はこれで終わり。
宿に行って翌日の剣山登山に備えて早く休もう!と思っていたのですが、翌日のお仕事に関するメッセージなどが色々来ていたこともあり、寝苦しい夜となったのでした…

「剣山」編へと続きます!


by rebirth_aya | 2018-09-15 19:00 | イベント・ライトワークご報告 | Comments(0)

ヒーリングサロンリバース主宰、御崎絢(みさきあや)のブログです。 女神、聖母、錬金術師、カリスマシャーマン、スピリチュアル・ティーチャー、スーパーバイザーなど、様々な側面から癒しと成長、覚醒と自己顕現のお手伝いをさせていただいております。 その方の愛と独自性を見出すのが、震えるほどに大好きです^^


by 御崎絢