霧島・山口ライトワークご報告①

皆様こんにちは、御崎絢です。
3月5日から7日にかけて、鹿児島・霧島と、山口・秋吉台周辺にて、ライトワークを行なって来ました。


a0167003_12221837.jpg

企画自体は昨年末に大石直子さんが山口でのライトワークとして発案してくださり、年明け早々にご一緒させていただくことに決めていたのですが、日がたつにつれて私は山口の前に霧島でライトワークをする必要性を感じたため、単独で霧島に向かう予定にしていました。
直前になって大石直子さんもご一緒してくださることになったため、心強い気持ちでいたのですが…

今回のライトワークの数日前に、仲裕美子さん主催でセドナにて行われたライトワークイベント「セドナ:地球がレムリアになる」の影響により、当初予定していたよりライトワークの内容が追加になっていた関係か、色々邪魔が入ったせいか、はたまた私たちの抵抗によるものなのか(多分全部)霧島行きの前日になって天候が崩れ、予定していた鹿児島空港に飛行機が着陸できない可能性が出て来たと航空会社から連絡がありました。
それは困るということで直子さんと相談して、直子さんは陸路で鹿児島へ、私は福岡空港から九州新幹線を利用して鹿児島入りすることに予定を変更しました。
いざ当日になってみると九州全体が大雨の影響で飛行機も電車も遅延が続出しており、6時すぎに自宅を出発した私が直子さんとの待ち合わせ場所の鹿児島空港に到着したのは16時すぎでした。
国内での移動にこんなに長くかかったのは初めてで、乗り換えにつぐ乗り換えで疲れていましたが、なんとしても日没までに予定の場所に行ってライトワークを行う必要があります。
直子さんにレンタカーを運転していただいて、最初の目的地である霧島神宮の元宮に急いで向かいました。


a0167003_11290768.jpg


霧島神宮には2016年の11月に仲裕美子さんともご一緒させていただきライトワークを行いましたが、元宮は初めてです。
ここは最初に霧島神宮があった場所で、本来の天孫降臨の地と言っても過言ではないのですが、霧島連山の噴火により霧島神宮は現在の場所へと移転されることとなったのです。
現在ある霧島神宮からさらに山道を延々と登って行くのですが、途中から神隠しにでも合いそうなほどの霧が立ち込めてきて、元宮に到着する頃にはあたり全体が真っ白になっていました。
大雨、そしてこの霧で、あたりには全く人がいません。
ものすごい人払いだな〜と半ば呆れ、半ば感心しながらも、最初の鳥居を抜けてお社に向かいます。


a0167003_11592278.jpg


a0167003_12001026.jpg

a0167003_11592872.jpg


天孫降臨があったとされる場所に1本の木が植えられていて、ここがお社のような、祭壇のような場所になっていました。
ここに到着した瞬間、天孫系の銀河神界の神々が「よく参った」と出迎えてくれ、ここまでの苦労が労われたようで嬉しかったです。
ここで行うライトワークは直子さんと私では目的が異なるため、順番にそれぞれのライトワークを行わせていただきました。


a0167003_12205610.jpg


a0167003_12215223.jpg


神々に祈りを捧げた後、この場所を宇宙の様々な場所と繋げるためのポータルを設置し、地球から宇宙全体へのアセンションの影響をより強くより確かに伝えて行くためのつながりを強化させていただきました。
また、同時にここから受ける地上への影響も、地上にとって反発なく緩やかに受け取り馴染めるようにもワークをさセテいただきました。

その後直子さんと二人で霧島連山に向けて、噴火の被害が最小限に抑えらえるよう、地脈やレイライン、火山エネルギーのワークをさせていただいて、この場所を後にしました。

日没が迫る中今度は霧島神宮に移動し、こちらでもライトワークをさせていただきました。
霧島神宮の方は元宮と違い、ほとんど霧はありません。


a0167003_11291965.jpg


a0167003_11295217.jpg


約1年半ぶり2度目の参拝でしたが、なんだか以前来た時と様子が異なります。
気のせいかと思いましたが、同行の直子さんも同じことをおっしゃっていたので、気のせいではなかったようです…
ここでもライトワークは開始してみたものの時間がかなりかかりそうでしたので、あとはこの付近に予約していた旅館に移動して、遠隔でモニタリングとワークの継続を行うことにしました。

また、以前来た時には気付かなかったのですが、霧島神宮の敷地内、奥の方に古くからある小さな神社があるということを直子さんに教えていただき、こちらにも参拝させていただきました。



a0167003_11281751.jpg


森の中に小さなお社があり、霧島神宮移転以前からある土着の神様が祀られているようでした。
私は一昨年くらいから、各地に封印された、あるいは弱体化された土着の神々を解放したり、彼らの力を取り戻すお手伝いを行っているのですが、こちらでもそのワークをさせていただきました。

霧島神宮を後にした頃には日没が始まっており、すでにあたりは薄暗くなり始めていましたが、なんとか日没までに霧島での予定をほぼ終えることができてホッとしました。
旅館に移動して長旅の疲れを癒しながらも、遠隔で行っている霧島神宮のワークを時々チェックします。
翌日は山口に移動のため朝一で旅館をでる必要があったのですが、朝にはワークが無事終わっていて安心しました。

またレンタカーで今度は鹿児島中央駅に向かうのですが、止めてあった車のフロントガラスの前が見えなくなるほどに噴火灰が積もっていてちょっとびっくりしたのですが、地元の方は大変だな〜とあまり気にせず霧島を後にしました。
私たちが霧島を出発して5時間後、霧島の新燃岳が噴火するのですが、この時はそんなことを予想もしていなかったのです…

この後、山口に移動して平野綾さんと合流し、さらなるライトワークを行いました。
続きます。

by rebirth_aya | 2018-03-20 12:25 | イベント・ライトワークご報告 | Comments(0)

ヒーリングサロンリバース主宰、御崎絢(みさきあや)のブログです。 女神、聖母、錬金術師、カリスマシャーマン、スピリチュアル・ティーチャー、スーパーバイザーなど、様々な側面から癒しと成長、覚醒と自己顕現のお手伝いをさせていただいております。 その方の愛と独自性を見出すのが、震えるほどに大好きです^^


by 御崎絢