【4/27更新】今後の講習会開催予定 一覧

*こちらのご案内は随時更新していきます*
*お申込み締切の過ぎた講習は開催前でもこの一覧から削除します*


*5月19日〜21日名古屋出張のご案内はこちらをご覧ください。*



☆新レムリアンオーロラ遠隔講習会

受講資格:サイキックプロテクション講習を受講済みの方(新旧どちらでも)

日程:5月15日(月)11時から(約50分)

受講方法:スカイプビデオ通話

準備ワーク日程:5月12日(金)から3日間

料金:86,400円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月11日(木)15時まで




☆サイキックプロテクション・プレミアム講習会

受講資格:特になし。どなたでも。

日程:5月18日(木)13時から(約3〜3.5時間)

受講方法:リバース北千住サロン

準備ワーク日程:5月10日(水)から8日間

料金:129,600円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)14時まで

ご入金期限:5月9日(火)15時まで



☆新気功鍼講習会

受講資格:特になし。どなたでも。

日程:5月20日(土)10時から(約100分)

受講方法:名古屋駅付近の貸会議室にて対面受講

準備ワーク日程:5月16日(火)から4日間

料金:97,200円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月10日(水)15時まで




☆女神の覚醒ワーク

受講資格:特になし。どなたでも。

日程:5月20日(土)14時から(約80分)

受講方法:名古屋駅付近の貸会議室にて対面受講

準備ワーク日程:5月17日(水)から3日間

料金:64,800円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月10日(水)15時まで




☆女神の覚醒ワーク伝授者講習

受講資格:女神の覚醒ワークと高次元版サイキックプロテクションの両方を受講済みの方

日程:5月20日(土)13時から(約50分)、15時30分から(25分)の合計約75分

*同日14時から約80分の聴講が含まれます。

受講方法:名古屋駅付近の貸会議室にて対面受講

準備ワーク日程:5月15日(月)から5日間

料金:194,400円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月10日(水)15時まで




☆女神のディバイン・カウンセラー伝授講習

受講資格:女神の覚醒ワークを受講済みの方

日程:5月20日(土)16時から(約50分)

受講方法:名古屋駅付近の貸会議室にて対面受講

準備ワーク日程:なし。受講後一ヶ月間の随時サポートを含む。

料金:32,400円(税込)

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月10日(水)15時まで





☆古代文明の封印解除講習☆

受講資格:プレミアムまたは新バージョンでサイキックサージャリーと気功鍼を習得済みの方

日程:5月20日(土)17時30から(約50分)

受講方法:名古屋駅付近の貸会議室にて対面受講

準備ワーク日程:5月12日(月)から8日間

料金:11万〜13万(税別)*個別提案となります。

お申し込み期限:5月9日(火)18時まで

ご入金期限:5月10日(水)15時まで







 

053.gifお申込みはリバースお申込みフォームからお願いいたします。053.gif
ご利用案内も合わせてご覧ください)



※①対面講習は足利リバースサロン、北千住サロンともに、随時リクエスト受付中です。
基本的にはどなたかからのお申し込みがあり次第、募集をかけさせていただいておりますが、できるだけ早い開催をご希望の場合、内容によってはお一人からのお申し込みで開催を確定しております。

※②講習によってはおひとりでの開催確定の場合、所定の個人講習追加費用を頂戴しております。個人講習追加費用は講習によって異なりますので、おひとりでも開催を確定したい場合はお問い合わせくださいませ。

※③北千住サロンのご利用は、1名様のみのご利用かつお申し込みセッションの金額が8万円(税別)以下の場合、出張交通費として5,400円(税込)をいただいております。
同じ日に他にもご利用者がいる場合、出張交通費は不要とさせていただきます。

※④遠隔での講習会は開催できるものとできないものがございますので、事前にお問い合わせください。


by rebirth_aya | 2017-04-27 23:52 | 講習会開催のお知らせ

ヒーリングサロンリバース主宰、御崎絢(みさきあや)のブログです。お仕事に関するご質問・ご相談はブログコメントでは承っておりませんので、恐れ入りますが必ずHP内お問い合わせフォームよりお願いします。事務局からご連絡させていただきます。


by 御崎絢